ブログ
Blog

ブログ


2020年7月5日 : スカートを履かないひとがスカートを自ら買うきっかけ
こんにちは。
「色で人生をより豊かにする」 パーソナルカラースタイリストの武田 みはるです。

先日は40代女性の同行ショッピングでした。



私の同行ショッピングは、
普段ご本人が絶対選ばない色やアイテム、スタイリングの似合わせをお勧めし、
自ら満足して買っていただく
ことをモットーにしております。

もちろんご本人の嗜好や好きなブランド、着る目的をしっかりとヒヤリングして
ニーズに合うものをおススメしています。

パーソナルカラーと骨格診断で似合う色とスタイリングがわかり、
いざ店頭へ!
今はちょうど春夏のクリアランスが始まって、梅田界隈も大賑わいでした

今回はお仕事で着るセットアップを中心に、単品でも着られるジャケットやパンツをチョイス。
骨格診断ではわたしと同じ「クールタイプ」の方。
パーソナルカラーはSUMMER。


Bloom Color studio スタイリストプロより


上半身に厚みがなく、下半身がしっかりしていて、
最近はやりの「着くずし」がだらしなく見えるタイプ。
そう、「抜け襟」のブラウスを着ると、まるで花魁
いや、ただ単に寝起き状態になってしまう
ジャケットやパンツをおススメした後、
下見をしてコレ!と思っていたワンピースを紹介



ハリのある生地で足首までのAライン。
ご本人が気にされている足の太さが気にならず、
肉感を拾わないデザインです。

いままで何着かスカートを試着されましたが、足が気になって購入までは至らず・・・
こちらは即お買い上げになりました

職場にスカートを履いていったことがないというお客様。
購入された白ジャケットと合わせて仕事に着ていくと喜んでおられました。

新しいことにチャレンジするのは勇気が要ります。
冒険してみたけど失敗したという経験もありますし・・・
色と骨格というロジックで「似合う」を手に入れることができる。

スカートを履かない人にスカートを。
パンツが苦手な人に似合うパンツを。
新しい「似合う」を取り入れてもらえる同行ショッピングです。



※わたしの提案する骨格診断は雑誌などでよくある3タイプ(ウエーブ・ストレート・ナチュラル)ではなく、
4タイプ(フェミニン・キャリア・クール・マニッシュ)の骨格診断です。
3タイプではどうしても当てはまらない人(わたしもそうです)にも納得のスタイリング診断となっています。
興味ある方はお問合せください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

色で叶える「魅せる男」kotonoha




2020年6月29日 : 一番大切にしている想いは何色?
こんにちは。
「色で人生をより豊かにする」パーソナルカラースタイリストの武田みはるです。

先日は拙サロンでpccs80色講座を行い、最後に受講生さまのカラーコンサルティングも行いました。


カラーコンサルティングとは、
想いを色で表し、雄弁に伝え、相手にとってより良い結果に導くこと。

今回はお名刺を新調される際の色提案です。

世の中にある価値観の中で一番大事にされていること、理念を色で表していきます。
お客様のもっとも大事にされていることは、『思いやり』
『思いやり』を色で表すと、淡い水色。
水色は青(紺)を薄くした色ですから全体にクールなイメージですが、
周囲への気配り、思いやり、上品さ、繊細さという意味があります。
いつどんな時も『思いやり』を軸にされている人には水色がピッタリです。
マザーテレサも水色のターバン(のようなもの)を身に着けておられましたね。

そして他の価値観も色で表し、配色理論に沿ってメインカラー、サブカラー、アクセントカラーを決めていきます。
選ばれた配色がこちら



サブカラーのサフランオレンジは若干明度を下げないといけませんが、
モノづくりをされておられることもあり、美意識の紫をアクセントに利かせています。

色を見ただけで、どんな業種なのか、どんな想いでビジネスをされているのか?
がわかるのが色の持つメッセージ性です。

社会貢献を社是としている会社のロゴがだったら、会社の理念が全く伝わりません。
赤には名声や富、スピードという意味があり、
黒には威厳や孤高といった意味があるからです。

色のメッセージ性を知っていると、
巷のロゴや看板の色でどんな業種で経営者の価値観が垣間見えて面白いです
社名だけではどんな業種なのかわからない時も
ロゴを見ると社風や方針が透けて見えてきて「へえ~」と思ったりするのです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
色で叶える「魅せる男」kotonoha


 ロゴ・名刺・HPなどのカラーコンサルティング
 パーソナルカラー診断・骨格診断(新メニュー)
 カラー研修 等のお問合せはこちら

 配色提案ができる講座 オンラインでも開催可能です



2020年6月16日 : マイナス10歳もプラス10歳も叶える色のチカラ
こんにちは。
色で人生をより豊かにする パーソナルカラースタイリストの武田 みはるです。

先日、しとしとと降る雨の中、午前午後と終日カラーセミナーをさせていただきました。
日本コスチュームジュエリー協会さまの連続カラーセミナー。
午前中はイメージを正しく伝える配色理論。

イメージワードと配色理論

午後からは、接客に活かせるパーソナルカラー(似合う色)。

パーソナルカラー診断@都島

色には無言のメッセージがあり、お客様の求めるイメージに合わせた配色ができると一目でご満足いただけます。

例えば・・・エレガントなイメージとは

エレガント
筆者作

こういった濁りのあるグレーイッシュなパープル系を使わないとエレガントなイメージは醸し出せません。
パラソルとシフォンのワンピースとハイヒールのイメージですね。
決して太陽の下で走り回ったりしない感じ。

一方、エレガントと対極にあるのが「カジュアル」「アクティヴ」
エレガントは静かで動きがありませんが(走らない)、カジュアルやアクティヴは動き回って走る、走る(笑)
ポップで楽しい動きのある配色になります。

カジュアルな色

イメージを色で表す時に、
どんな色相で、どんなトーン(色調)を使うとイメージを正しく伝えられるか
を実践式でお伝えしました。
これはインテリアにも応用できます!

午後からのパーソナルカラーは、診断を見た方から
「プラス10歳にもマイナス10歳にも見える!」
と驚きの声が上がりました。
同じ色でも似あうシーズンの色とそうでない色では、ホントにプラスマイナス20歳近く違って見えます。

参加者の感想
「カラー講座、1日でしたが、時間が過ぎるのを忘れるくらい、あっという間に1日が終わりました。
午前中の講習は、切り絵(?!)をたのしみながら、配色の勉強ができ、間違ってた認識を新たに教えていただき充実した時間でした。
武田先生の講義もわかりやすく、もっとお話を聞いていたいなと思いました。
午後のカラー診断は、好きなカラー=似合うカラーでないことがよくわかり、
早速実践して、少しでも若返りを図りたいです。」

他の方の感想は協会のブログに掲載してくださいました。→日本コスチュームジュエリー協会ブログ

今回参加できなかった方のために、今月末と来月にも連続講座を開催いたします。
協会員以外の方も同価格で参加できますので(めちゃお得です
興味のある方、ぜひご参加ください。
お申込み、お問合せはこちら
①色彩心理で自分と相手を知り、コミュニケーションを学ぶ 6月27日(土)10:30~13:00
                            7月16日(木)13:00~15:30
②イメージを伝える配色理論               6月27日(土)14:00~16:30
③パーソナルカラー理論に基づく似合う色とコーディネイト法  ご希望の日時をご連絡ください(開講可能)
会場は日本コスチュームジュエリー協会本部(最寄り駅:地下鉄谷町線野江内代orJR野江)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
色で叶える「魅せる男」kotonoha



2020年6月15日 : 世代が変わっても…価値観は変わらず?
こんにちは。
「色で人生をより豊かにする」パーソナルカラースタイリストの武田みはるです。

どんよりとした空に、
水を湛えた田んぼの緑が日増しに鮮やかになっていきます。
連日シトシトと降る雨に、梅雨入りを実感しています。

先日、娘の誕生日に久しぶりに会ってごはんに行きました。
社会人になって4年目。
まぁまぁ慣れてきたというか、もう新人ではない。
当然、後進の指導にもあたります。
で、娘から出た言葉が
「今年の新入社員は何考えてるかわからん!
 私らの時代と人種が違うわ」



『へえ~あんたが言うん?

というのが正直な感想でした。

えーっとですね・・・
うちの娘は幼少からおっとりしていて、自己主張をあまりしない人間です。
高校卒業時、担任からの最後の通信簿に添えられていた言葉は、
『上品で穏やかで、いつもおっとりしているのが、あなたの美徳です』

私はこの言葉を一生忘れないと思います。
褒められているのかどうかわからないけれど、
自分と全く違うところを、しっかりと観ていてくれた人がいたんだと感じ入ったからです。
自己主張しない分、いつもこちらが「何を考えているのかわからん」と思っていました。
おそらく、学校や会社でも周囲の人からはそう思われていたと思う。

ところが、冒頭のセリフの登場。。。
聞いた瞬間、『これ、私も言ってし、言われてたな~』

20代前半の頃は『新人類』と言われ、新種の人間登場のように言われてきました。
そのわたしが産んだ子供は『ゆとり世代』になり、
娘世代と一緒に仕事すると「何考えてるかわからん」と思う。
その『ゆとり世代』が「人種が違う」と思う人種はどんなのだろうと可笑しくなる。

世代が違うというのは、年齢ではなく、価値観の感じ方の違いでしょう。
話を聴いていくと、
「そんなこと自分で考えてやってよ!ということまでいちいち聞いてくるねん
と言う。

『それ、いつもわたしがあんたに思ってたことやけど・・・』
をぐっと飲みこんで、ゴールを示して仕事を教えることをアドバイスする。

世代が変わっても思うことは同じ。
ということは社会で求められていることは変わらないのだろうか。
いや、AIの台頭やコロナで世の中は変わっているが、
人が人に求めるコミュニケーションはそんなに変わっていないと思う。
アフターコロナではAIの活用がさらに進むだろうが、
相手の個性を活かしたチームワーク作りには人間のコミュニケーション力がものを言う。

ゆとり世代から『人種が違う』と思われた今の新入社員も
いつか人種の違いを感じることになるのだろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
色とことばで叶える魅せる男kotonoha
ようやく対面でのカラー診断を再開いたしました。
長い間お待ちいただき、診断を楽しみにしてくださった方に感謝です


撮影:Aznar VR 猿渡 宏氏
撮影地:PHOENIX ACADEMY堺三国ケ丘 












2020年6月2日 : リ・スタートの色
こんにちは。
「色で人生をより豊かにする」パーソナルカラースタイリストの武田みはるです。

家の前の田んぼがあれよあれよという間に水田となり、田植えが始まりました。
蛙が喉を競うように鳴いています。
緑の田んぼと淡青の空。
コロナでいろんなことが変わってしまった今も、淡々と変わらず進んでいく田植えの風景にほっとしています。

今月から私も活動再開です
事務所でカラーセミナーの資料をつくりながらふと気づいたのが、
この2か月、ほぼばっかり着ているな・・・と。



カットソー、ブラウス、綿ニット、素材やデザインは変われどいつも白を身に着けていました。

白は浄化の色。禊の色。
今の状態をクリアーにしたいという心理があります。
クリアーにして、無から何かを生み出す色でもありますね。

ウエディングドレスが白なのは、
「どんな色にも染まるから」と母から教えられましたが、
小さい頃からう~んと思っていました
新生活に向けて無から生み出すための色というほうが
私にはしっくりきます。



そもそもウエディングドレスが白になったのは、19世紀から。
それまでは白に染めるのは高価だったため、様々な色が着られていたとか・・・
広めたのはイギリスのヴィクトリア女王
世界発の人工染料「モーヴ」を世界に知らしめたのも彼女。
ヴィクトリア女王は色彩史において、強力なインフルエンサーなんです

余談になってしまいましたが・・・
白が気になるというのは、よくよく考えると現状からの脱却に気持ちが向いているのでしょう。

6月に入って、学校も再開。
フレックス通勤も始まり、閉っていたお店や公共施設もオープンになりました。

リ・スタート

白は緊張感のある色でもあります。
油断禁物
緊張感を持ちながら、新たなスタートにふさわしい色だなと改めて感じています。

さあ今日もを着て、仕事へ向かいます

?ほとんど白ばっかり(笑)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

HP更新しました
色で叶える魅せる男kotonoha