ブログ
Blog

ブログ


2021年7月19日 : 「グレー」を真っ先に省いた真意は?
こんにちは。
カラービジネスコンサルタントの武田みはるです。

色でビジネスやプライベートをより豊かにするお手伝いをしています。
今、オンラインで配色を学ぶ講座を開いているのですが、
受講特典として
マンツーマンのカラーコンサルティング(1時間)を
無料で行っています。

今回のカラーコンサルのご依頼は、
お名刺やショップカードの配色。

すでにお名刺やショップカードはお持ちなんですが、
色使いがバラバラで、
この機会に統一したいとのこと。

カラーコンサルでは
お仕事に対する想いや
どんなお客様とお付き合いしたいか
(要するにターゲットは誰か)
大事にしている価値観(理念)を
ヒヤリングしていきます。

その際に使うのが
このカラータイプカード。
カラータイプカードでコンサル

52枚のカードに書かれたキーワード。
あなたのビジネスに必要か不要か?
を聞いていきます。

今回のご依頼者が真っ先に省かれたのが
【グレー】の4枚
グレーの色彩心理

他の色カードは少し悩まれたり、
ちょっと保留にしておきます
と、おっしゃったりしたのですが、
この4枚だけは、
「これは要りません」とキッパリ。

カラーカードを絞り込んでいく過程で
その真意があぶり出てきました!

ターゲット(望むお客様)をお聞きすると

自分の好き嫌いがはっきりしている人

好きなもの、いやなものをはっきり言える人

そんなお客様に来てほしいということでした。

これって、
「グレー」と真逆の人なんです。

グレーの個性を持つ人は、
自己主張をせず、いつも控え目
です。

お名刺やショップカードがグレー(特にライトグレー)だったら、
また、グレイッシュなスモーキーカラーを使っていたら、
好き嫌いをはっきり言えない
控え目で自己主張のないお客様にアプローチすることになってしまいます。

よって、
「グレー」はお名刺やショップカードに要らない色ですよね
と真っ先にお伝えいたしました。


色は無言のメッセージツール

どんなお客様に来ていただきたいか、
逆にこんな方とはビジネスしたくない
という想いを
色が雄弁に語ってくれます。

無意識のうちに、
「グレー」を自ら外されていたのですね。

最終的に残ったカードがこちらになりました。
カラーコンサル事例

茶色と緑についても、
緑は自分軸の選択ですよねと
ご本人が気づかれて、
お客様目線では「品質重視」の茶色を優先されました。

ご自身が気づいておられない
潜在意識を引き出すのも
カラーコンサルの醍醐味です

色で望むお客様を引き寄せる
色で売上を上げる
そんなお手伝いができるのがカラーコンサルティングです。
(※最終的にすぐに使えるカラーコード等のシートをお渡しします)

来てほしいお客様と違う人ばかりから問い合わせがあって困る!
という方は、
一度HPやお名刺、リーフレットのカラー(色使い)を
見直してみてはいかがでしょうか?


最後までお読みいただき、ありがとうございます
カラーコンサルティングとはカラーコンサルティング



色で未来をクリエイトする カラーコンサルkotonoha
HPはこちら

★パーソナルカラー診断―似合う色で第一印象200%UP
★骨格スタイリング診断―「野暮ったい」からの脱却
★同行ショッピング―タンスの肥やしをつくらない
★ロゴ・チラシ・HPなどのコーポレイトカラー―目指す顧客を色で引き寄せる
★カラーコミュニケーション研修―社員力を上げて人材の定着に

お問合せはこちら



配色講座についてはこちら
YouTube動画はこちら

受講生さんがご自身のブログに書いてくださいました
ブログはこちら

target="_self">こちら












2021年7月13日 : パーソナルカラーSummerメンズのドレスダウンスタイルは?
人生がちょっと豊かになる色のお話

こんにちは。
カラービジネスコンサルタントの武田 みはるです。
先日、生まれて初めて新潟へ行ってきました。
気温30度の大阪を飛び立って降りると、
新潟は気温23度。
涼しくて、なにより空気が静かでした。
関西人からすると街全体が緩やかに流れている感じです。
「ザ・大阪人」の感想ですね(笑)
新潟の方は大阪に来ると、ざわついているように感じるのでしょうか。



さて、昨年末にパーソナルカラー診断をさせていただいた男性から
プロフィール写真撮影をするので
どのスタイリングがいいかという問い合わせがありました。
衣装はスタイリストさんが選んでくださったそうです!(ステキ!)

パターン①
SUMMERメンズおすすめタイドアップ
パターン②
SUMMERメンズおすすめジャケパン
パターン③
イエベ男性におススメ
パターン④
ノータイジャケパン

4つのパターンが送られてきました。
ご本人はパーソナルカラー「SUMMER」さん。
それも、明度の高い薄くて明るいパステルカラーがお似合いの方です。

ベストカラーはこちら
ベストカラー診断
2020年12月に診断・筆者撮影

ミントグリーンやパウダーブルー、ラベンダーといった
淡くて少し濁りのあるパステルカラーがすっきりとお顔に映える男性
なのです。

そこで、まず③のキャメルカラーは避けたほうがいい
(キャメルは黄みを多く含む色ですので、
SUMMERの男性は肌が黄ぐすみしてしまいます)

①、②、④はどれもOK!
ただ、ビジネス用のプロフィール写真ですので、
タイドアップ(ネクタイを締めたスタイリング)の①がおススメとお答えしました。

ネクタイもこちらのほうがいいと
スタイリストさんが提案されている花柄タイが抜群にお似合いの方なんですよ。
さすがスタイリストさん

ブルージャケットも紺のような深い色でなく、
少し濁りのあるグレーブルーで、これがSUMMER男性にピッタリ

2パターン撮影されるということで、
もうひとつは②のノータイスタイルをご提案。

ご本人がピンク系をお好き(よく着ておられる)なのもあり、
ピンクのロンドンストライプシャツが着こなしのアクセントになってお勧めです。

全身がパステルカラーになると
どうしてもぼんやりした印象になりますが、
太めのロンドンストライプがシャープなアクセントとして引き締めてくれます。

①と②で撮影されたとのことですので、
ステキなプロフィール写真が出来上がることでしょう。

ベストカラー診断(120色診断)を受けていただいた方には、
このようなメールでのご相談やアドバイスを
アフターフォローとしてずっと行っています


似合う色は見た目の印象を良くするだけでなく、
ビジネスにおける「信頼」を創るのです。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。

パーソナルカラー診断や骨格スタイリング診断等
魅せる男を創るカラーコンサルティングkotonoha
HPはkotonohaこちら

色で未来をクリエイトする カラーコンサルkotonoha
HPはこちら

★パーソナルカラー診断―似合う色で第一印象200%UP
★骨格スタイリング診断―「野暮ったい」からの脱却
★同行ショッピング―タンスの肥やしをつくらない
★ロゴ・チラシ・HPなどのコーポレイトカラー―目指す顧客を色で引き寄せる
★カラーコミュニケーション研修―社員力を上げて人材の定着に

お問合せはこちら



配色講座についてはこちら
YouTube動画はこちら

受講生さんがご自身のブログに書いてくださいました
ブログはこちら










2021年6月28日 : 「調和」はギリシャ神話の女神と繋がっている
こんにちは。
カラービジネスコンサルタントの武田みはるです。

5月から始まった配色講座(日本コスチュームジュエリー協会日本コスチュームジュエリー協会主宰)、
有り難いことに5名の方が真摯に学んでくださっています。
講座では8つの配色理論を実践していくのですが、
それは過去の偉人たちが提唱した色彩調和論でもあることを伝えています。
要するに、エビデンスがちゃんとあるものということ。
(それを簡単に作れる方法を考案してお伝えしています)

私たちは心地よいとか感じの良いと思う色の組み合わせを
「調和」と呼んでいます。
この「調和」という言葉、
実はギリシャ神話のハルモニアという女神が語源となっています。

ハルモニア
ギリシャ神話 調和の女神ハルモニア

ハルモニアの母は、美の女神アフロディーテ
父は戦争と殺戮の神アレス


美と戦争という相反する両親の間に生まれた子供です。
しかもアフロディーテは人妻ですから、
今でいう不倫の関係で生まれた子。
不義の子なんです。

そんな宿命を背負って生まれてきた女神ハルモニアが
「調和」の女神で、
harmony‐調和‐はこのハルモニアからきているのです。

アフロディーテの瞳は緑
アレスは戦争の神ですから血の色・赤
緑と赤はまさに補色(色相環で180°向かい合う色)

補色配色
赤と緑は補色関係
バングラデッシュの国旗
バングラデッシュの国旗はまさしく補色配色

美と戦争という全く相いれない拮抗し合うもの
赤と緑という補色関係
全く異質のものを組み合わせて生まれるもの
西洋思想では「調和」harmonyと言うんですね。
そこが日本の概念とちょっと違うところかなと思います。

日本では似通ったもの、共通性のあるもの同士が「調和する」
という考えが多いように感じます。

この相反するもの同士が組み合わさってできる
「調和」の思想こそが、
新たな価値観やシナジー効果を生み出すのでしょう。


日本は着物文化のなかで
濁色のグラデーションという「なじみ」の配色が浸透しています。
なじみの配色も「調和」ですが、
相反するものを組み合わせる「対比」配色から
思いもしない「調和」が生まれることを知ると
色使いに奥行と幅が生まれることでしょう。

配色講座ではこんな雑学までいろいろと脱線しつつお話しています(笑)

アフロディーテとアレスの間に生まれたハルモニアは、
ゼウスの命によって
人間の英雄カドモスと結婚するのですよ。
天上の女神と地上の人間という
ここでも異質な者同士の結婚。
生まれだけでなく、人生が「調和の女神」なんですね。

配色を学ぶと
遠くギリシャ神話まで繋がっています

最後までお読みいただき、ありがとうございます。


色で叶える魅せる男kotonoha

配色講座についてはこちら
YouTube動画はこちら

受講生さんがご自身のブログに書いてくださいました
ブログはこちら

色で未来をクリエイトする カラーコンサルkotonoha
HPはこちら

★パーソナルカラー診断―似合う色で第一印象200%UP
★骨格スタイリング診断―「野暮ったい」からの脱却
★同行ショッピング―タンスの肥やしをつくらない
★ロゴ・チラシ・HPなどのコーポレイトカラー―目指す顧客を色で引き寄せる
★カラーコミュニケーション研修―社員力を上げて人材の定着に

お問合せはこちら

















2021年6月14日 : アズーロ・エ・マローネはブルベ男性にもオススメ
こんにちは。
カラービジネスコンサルタントの武田みはるです。

かなり暑くなってきましたね。
空梅雨だーと思っていたら
予想外の雨模様になったり…
不安定ながらも少しづつ夏に向かっているのを感じます。

先月、オーダースーツの同行ショッピングをさせていただいた
お客様のご注文品が出来上がったので、
引き取りに同行してきました。

ローズブラウンスーツ

日本の老舗である葛利毛織・DOMINX(ドミンクス)の生地。
現在もなお、ションヘル(低速織機)を使い続け、
時間と手間をかけて丁寧に丁寧に織り上げられた「味」のある生地です。
日本の希少価値と言えるでしょう。

葛利毛織DOMINX

しなやかだけれど、
しっかりとしたハリとコシのある上品な風合いです。

色はローズブラウン
少し赤みのある茶色です。
ネイビーやグレーのスーツが多い中、
こんなローズブラウンのスーツは洒脱に見えますね!

お客様のパーソナルカラーはSUMMER。
一般にブルーベースの方は茶色は似合わないのですが、
ローズブラウンはSUMMERの方が着こなせる茶色なのです。
(こげ茶はお顔がくすみます)

このスーツに、
ネイビーのネクタイを合わせて、
「アズーロ・エ・マローネ」(青と茶)のコーディネイトをおススメしました
青と茶は、日本人にはあまり馴染みのない色合わせですが、
イタリア男性にはテッパンコーディネイトです!!

アズーロ・エ・マローネ
出典元:メンズファッションラボ
こんなのとか・・・

アズーロ・エ・マローネ
出典元:男前研究所
こんな感じで
イタリアの伊達男はフツーに着ています。

ブルーベースのSUMMERさんも
アズーロ・エ・マローネは着こなせますよ
ぜひ取り入れてみてくださいね。
いつもと違うちょっと洒脱な着こなしを楽しんでください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

HPはこちら魅せる男を創るカラーコンサルティングkotonoha



色で未来をクリエイトする カラーコンサルkotonoha
HPはこちら

★パーソナルカラー診断―似合う色で第一印象200%UP
★骨格スタイリング診断―「野暮ったい」からの脱却
★同行ショッピング―タンスの肥やしをつくらない
★ロゴ・チラシ・HPなどのコーポレイトカラー―目指す顧客を色で引き寄せる
★カラーコミュニケーション研修―社員力を上げて人材の定着に

お問合せはこちら





2021年5月31日 : ピンクでシックなイメージは出来ない?
こんにちは。
カラービジネスコンサルタントの武田みはるです。

今日は1年以上かけて練り上げた
『配色講座』の記念すべき第1回目でした。

(一社)日本コスチュームジュエリー協会の木坂代表と
ものづくり作家さんの為に考案した講座でしたが、
ネイリストさんやエスティシャン、着付け講師の方々もご参加いただき、
配色に対する関心の深さを体感いたしました。
感謝です!

配色講座1日目

第1回目の今日は、色彩の基礎知識
色彩を学ぶには、すべての基礎となる部分です。

大木の根っこ
基礎はこの大木の根っこの部分。
見えないけれど、大木には必須の生命線です。


以前にピンクを使って
「シック」なイメージでアクセサリーを作られた作家さんが
周りの方から「可愛い、かわいい」と言われて
なぜ?と腑に落ちなかったのが
今日の講座を受けて
理由が分かりましたとお声をいただきました。

「シック」とは日本語で「粋な」という意味ですよね。
「粋な」イメージを表現するには
濁色が必要なのです。

chicな配色
こんな配色がシック
シックな壁紙
壁紙でいうとこんな感じ。

「シック」(粋な)イメージを表現するには、
濁りのある色で、
尚且つグリーン(緑)やベージュ(橙)といった色相が必要になります。

ピンクの濃淡やサーモンピンク(濁りのあるピンク)を使っても
「シック」というイメージは伝わらないのです。

ピンクを多用すると
「シック」よりどうしても
「フェミニン」になってしまいます。

周りから「可愛い、かわいい」と言われたのは
きっとピンクの濃淡のイメージだからでしょう。

ご自身の想いやメッセージを正確に伝えるには
どんな色を選べばいいのか?
どんなトーン(色調)がふさわしいのか?
理論が分かると納得できると仰っていただきました。

色は無言のメッセージツールです。


伝え手(作り手)の想いが正確に伝わるように。
百の言葉を並べなくても
色は相手に届くメッセージになります。

2時間の初回講座でしたが、
色のメッセージ性に共感していただいたことに感謝です。

2回目からは配色理論の実践です。
どの分野でも理論をきっちりと習得することは強みになります。

さまざまな分野で活躍されている方からの反応が
とても楽しみであり、刺激になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。


kotonoha魅せる男を創るカラーコンサルティングkotonoha

なんとなくでなく、色でイメージを正確に伝えるスキルが身に着く
~配色講座(全5回)~

色彩学の基礎および配色理論のうち代表的な8つを学びます。
無料ビデオ通話アプリZOOMを使用したオンライン講座です。

《日時》
①第2・4日曜コース
 時間: 午後2時~午後4時
 日程: 5/30、6/13、6/27、7/11、7/25

②第2・4火曜コース
時間: 午前10時30分~午前12時30分
日程: 5/25、6/8、6/22、7/13、7/27
 
※相互、振り替え可能です。

《内容》
第1回 色彩学の基礎 
 
第2回 配色理論の理解と実践
     ・補色配色
・トライアード配色
 
第3回 配色理論の理解と実践       
 ・スプリットコンプリメンタリー配色
   ・明清色調配色
 
第4回 配色理論の理解と実践
    ・トーンオントーン配色
     ・ドミナントトーン配色
 
第5回 配色理論の理解と実践
     ・ナチュラルハーモニー配色
     ・コンプレックスハーモニー配色
《定員》
 5名さま
 
《受講料》別途教材が必要です。
全5回一括申し込み
一般 50,000円(税込み)

1回ごとの受講申し込み
一般 12,000円

以下の資格を保有している方、もしくは同等の方は第1回をスキップできます。
◎色彩検定2級
 ◎カラーコーディネイト検定2級
その場合の受講料
一般 40,000円
《教材》
配色講座オリジナルテキスト 2,200円
渡辺マリのミリアム・ハスケルコレクション2 3,850円
カラーカード 1,000円
送料 198円
 
《受講特典》
武田みはるさんの配色個別相談(60分)
もしくは、
自由課題の個別フィードバック1回無料
(通常1万円相当)
「あなたの配色をプロがアドバイス」
あなたがイメージしていることが、
その配色で表現できているかどうか添削&アドバイス
してもらえるスペシャルな特典です。
(詳細は、受講時にご案内いたします。)

《申し込み方法》締め切り:開催日の1週間前まで
↓のフォームからお申込みください。
 https://forms.gle/bT7g1Q2PgMoz5PmY9

フォームが立ち上がらないときは、メールでお願いいたします。
宛先: info@jcja.or.jp
件名: 「配色講座」申し込み
本文: ①お名前(ふりがな)
②ご希望の日程
③携帯番号
④郵便番号
⑤ご住所
 ⑥カラーカード要・不要
⑦ZOOMの接続サポートを希望する・しない

■カリキュラム: 武田みはる(kotonoha代表)
■企画・構成 : 一般社団法人日本コスチュームジュエリー協会


色で未来をクリエイトする カラーコンサルkotonoha
HPはこちら

★パーソナルカラー診断―似合う色で第一印象200%UP
★骨格スタイリング診断―「野暮ったい」からの脱却
★同行ショッピング―タンスの肥やしをつくらない
★ロゴ・チラシ・HPなどのコーポレイトカラー―目指す顧客を色で引き寄せる
★カラーコミュニケーション研修―社員力を上げて人材の定着に

お問合せはこちら