2021年の色は何色でしたか?

こんにちは。
カラービジネスコンサルタントの武田みはるです。
今年もあと数時間となりました。
どのような年末をお過ごしでしょうか?

日本流行色協会(jafca)から
web投票で選ばれた「2021年の色」が発表されました。
jafca←記事はこちら

これは11月にwebで投票が行われ、
あらかじめ選定された15色の中から
それぞれの想いを載せて投票された結果を集計したものです。
私も1票を投票いたしました。

2021年の色投票結果
引用元:jafcaHP

選ばれた第1位は
「グレー」でした!!

『白でもなく黒でもない、はっきりしない世の中のイメージ』
『先行きが見えそうで見えない』
『昨年から引き続きコロナ禍による靄(もや)に覆われたような1年だった』
確かに、
先行きの見えない靄のような年でもありましたが、
『カオスの中にありながらも、
 そこから何か生まれそうな混沌の色』
という理由も。

グレーという色は
「グレーゾーン」という言葉のように
曖昧さ、はっきりしないという意味があります。
一方、曖昧だからこその
繊細な気遣いや品の良さがあります。
白か黒か?と
決めつけられるとキツイ場合もあるのです。
コロナ禍でそんな繊細さを
感じ取った一年であったのかもしれません。

2位以降、緑や黄色、黄緑といった
中性色が多いのが特徴かな~と。
SDGsや環境問題への関心の高さがうかがえます。
黄緑は「芽吹き」という意味もある色ですから
来年への期待も感じられます。

皆さんは今年一年を振り返って
何色だったでしょうか?

私は「白色」を選びました。
白にはいろんな意味があるのですが、
コロナになってからずっと
リ・スタート
ニュートラルな視点を大切にしています。

どちらか一方に偏ることなく、
常にニュートラルに考える視点と
すべてにバランスを重視しています。
何か一方に偏りすぎると、
私自身がしんどい想いをする性格もあると思いますが。

来年は白から色を加えていこうと
志を立てています。

来る2022年が皆さんにとって
カラフルで充実した年でありますよう
お祈りしています。

今年一年拙いブログにお付き合いいただき、
ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。


色で人生をより豊かにするkotonoha

メルマガも発信しています
良かったら登録お願いいたします
→mail@r.kotono-ha.com
kotonohaメルマガ登録

色で未来をクリエイトする カラーコンサルkotonoha
HPはこちら

★パーソナルカラー診断―似合う色で第一印象200%UP
★骨格スタイリング診断―「野暮ったい」からの脱却
★同行ショッピング―タンスの肥やしをつくらない
★ロゴ・チラシ・HPなどのコーポレイトカラー―目指す顧客を色で引き寄せる
★カラーコミュニケーション研修―社員力を上げて人材の定着に

お問合せはこちら

?Gg[???ubN}[N??