着こなし迷子になりがちな骨格「クール」さん

こんにちは。
カラービジネスコンサルタントの武田みはるです。

10月に入っても半袖で汗ばむ日々が続いています。
紳士服売り場でお仕事していた頃は
9月に入るとすでに
秋物のジャケットを着て接客していました。
ほんの数年前のことなのに
地球の温暖化が
急速に進んでいることを実感します

さて、緊急事態宣言が解除されてから
パーソナルカラー診断や
骨格診断のご依頼がどっと増えてきました。
有難いことです(感謝!)

最近、よく雑誌にも載っている
【骨格診断】というのは、
骨格や筋肉の付き方から
似合うデザインや生地感、柄がわかる
というものです。

骨格診断で一番悩みを持っているのが
【クールタイプ】の人です。

骨格クールタイプの女性
イラスト画:コミックプロモーター新井謙二氏

【クールタイプ】とは
上半身と下半身がアンバランスな体型。
肩が張っているか、
腰から太ももが張っているかどちらか。
胸周りに厚みがない。
上半身が華奢で、
下半身にボリュームあり。

肌質はしっとり筋肉や皮感を感じる。

上半身が華奢で、
腰や太ももが張っているので、
チュニックを着ると
腰のボリュームが強調されて太って見える

タック入りパンツを履くと
おむつ履いているみたいになる?

ギャザースカートやフレアースカートも
腰から広がって
円錐形体型を強調してしまう(汗

ぴったり張りつくような薄い生地は
上半身の華奢さがもろに出て
貧相に見えてしまう(汗

・・・と、まあ・・・
何かと悩みの多い体型なんです(^^ゞ
実はわたしもこの【クールタイプ】

武田みはる
上の写真でわかるように肩幅より腰幅のほうがどー見ても大きい

この悩みを解決するには・・・

ハリのある生地を選ぶ

 ハリのない生地はムチっとなるか、
 スモッグ着ているおばちゃんみたいになる

②一番出ている腰(または肩)から出ない【I】ラインを作る

セットインスリーブを選ぶ
 (肩の切り替えのあるデザイン)

つかず離れずのジャストサイズを選ぶ

等がポイントなんです。

ハリのある生地でジャストサイズは必須
ネットで洋服の買い物がしにくいんですよ(泣)
ネットでデザインや色は分かっても
生地感は分かりにくいから

有名人では
松たか子さんや
金子恵美さんとかが
この【クールタイプ】さんになります。

骨格診断のイベントでは
来場者の約4割が
この【クールタイプ】さん。
わたしのように
着こなしに悩んでる人が多いということですね。


ご自身がどのタイプなのか
気になる方は一度
【骨格スタイリング診断】(5タイプ)を
受けてみてください。

骨格スタイリング診断

余談ですが、
今はリラクシングスタイルが全盛なので、
ハリのある生地で
キレイ目を探すのが
これまた大変なんですよ(笑)

最後までお読みいただき、
ありがとうございます。


色で未来をクリエイトする カラーコンサルkotonoha
HPはこちら

★パーソナルカラー診断―似合う色で第一印象200%UP
★骨格スタイリング診断―「野暮ったい」からの脱却
★同行ショッピング―タンスの肥やしをつくらない
★ロゴ・チラシ・HPなどのコーポレイトカラー―目指す顧客を色で引き寄せる
★カラーコミュニケーション研修―社員力を上げて人材の定着に

お問合せはこちら



配色講座についてはこちら
YouTube動画はこちら

受講生さんがご自身のブログに書いてくださいました
ブログはこちら


?Gg[???ubN}[N??