大阪・堺
見た目が変わると結果が出る !
起業家・営業マン・経営者・婚活中の方・就活生・仕業の方・教育関係者

こんにちは。
パーソナルカラースタイリストの武田 みはるです。

今日(2019年9月24日)の日経新聞夕刊文化面に作曲家・小林亜星さんの記事が載っています。

小林亜星さんといえば、「寺内貫太郎一家」のちゃぶ台ひっくり返すお父さん
(これが分かる人はover50でっせ

記事の中に、「約60年のキャリアで手掛けた楽曲は6000曲を超える」とあります。
CMソングに歌謡曲、童謡と幅広い作風。
その中に、日立グループのCM曲『日立の木(この木なんの木)』があります。

この木なんの木の曲


この曲には思い入れがあります。
娘が保育園時代、朝から晩まで仕事ばっかりしていて
お迎えはいつも保育園で一番最後でした。
通常は6時までの預かりですが、
当時の副園長先生のお母さん(おばあちゃん先生)が好意でうちの娘だけを自宅で預かってくれていました。
いつも真っ暗な夜道を自転車に乗せて帰り
独り最後まで居残っている寂しさを紛らわすかのように
この「この木なんの木」を歌っていた。

娘にとっても私にとっても
元気をチャージしてくれる曲でした。

「全曲に思い入れがある。
本人は全部最高と思って作ったから。
好きなことをやらなきゃ、本当の意味で人生を楽しめなかった。
好きなことをやり切れて良かった。」


小林亜星さんの言葉を読んで、
仕事を選ぶ動機は様々あるけれど
やはり「好きなこと」(情熱)が1%もなかったらやり切れないのではないかと思った。

やりながら「好きになっていく」ことはあるかもしれないが。

「好きなこと」に「できること」が加われば専門家になれる。
それによって対価が発生すれば仕事になる。
さらに、世のため人のためになれば天職にもなる。


好きではないけれど、
やり続けていくうちに天職になったという人は
語りつくせないほどの努力を重ねてきた稀有な人。
遠い存在です

私はやはり
色の世界も
文章を書くことも
好きなことだなと改めて感じた今宵です。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

色とことばの力で「魅せる男」へ最短最速のサポート kotonoha


秋のお仕立てキャンペーンやっています!同行ショッピング

イベント・セミナーのご案内
せんちゅうパル 秋のおしゃれカラー診断イベント
10月5日(土)・6日(日)10:30~18:30
千里中央駅真上 せんちゅうパル 2階INDEX前
当日せんちゅうパルのお買い上げレシート2,000円以上で参加
または、@LINE登録+500円で参加可
プロのパーソナルカラリストがあなたのお似合いの色を診断
参加特典あり
詳細はせんちゅうパルHP

就活生応援! 自己分析シートが書けるセミナー
10月24日(木)・11月9日(土)・2020年1月18日(土)
午後1時~5時
参加費3300円(教材費込み)
自己PR文の添削アフターフォロー付き
カラータイプ診断で自分の強みを可視化していきます。
他にない就活セミナーです!
詳細はコチラ

?Gg[???ubN}[N??