堺・大阪 
見た目が変わると結果が出る !
起業家・営業マン・経営者・婚活中の方・就活生・仕業の方・教育関係者

こんにちは。
パーソナルカラースタイリストの武田 みはるです。

冒険とは布を織る作業と同じ

冒険家の関野吉晴氏のことばです。

関野吉晴氏はグレートジャーニーを成し遂げた言わずと知れた冒険家兼医師です。


関野吉晴氏の公式サイトはコチラ

1993年の12月に南米のパタゴニアを出発してから
2002年の2月にアフリカのタンザニアまで
人類が広がっていった足跡を逆ルートでたどっていった人です。
しかもすべて人力で。

フジテレビで放映された「グレートジャーニー」は
第一子を産んだ直後でもあり
のめりこんで毎回観ていた番組でした。
学生時代にバックパッカーでアジアやヨーロッパを巡っていたこともあり、
日本人があまりいない現地のドキュメンタリーに心躍ります。

最も関心深かったのは、
冒険の壮大さよりも、医師でありながら
一銭の得にもならない冒険に挑む関野吉晴という人間でした。



今年4月から関野吉晴さんが毎月梅田中崎町でトークセッションされています。
地球永住計画連続講座
冒頭の言葉は、その時のセリフ。

「布を織る」の布とは、ものの見方や考え方のこと。
経糸が進路で、横糸が寄り道。

まっすぐ進むだけでは気づきは得られない。
寄り道をすることによって、思いもしない発見と気づきがあって経験が深まっていく。
寄り道ばっかりじゃちっとも前に進まない。
その経糸と横糸をうまく組み合わせて「経験」という人生の布が織り上がっていく。
・・・そんな話をされていました。

日本民族は農耕で生き延びてきた。
農耕は未来のため。
狩猟はその日のため。

だから日本人は未来を考えて貯金をし、保険を掛け、先祖を敬う。
アマゾンの先住民であるピタパンには
色もないし、過去も未来もないらしい。
だから後悔しない。過去を振り返ることがないから。
未来という概念がないから今を楽しんでいるという。
そうか。
後悔は過去という概念があるからするんだな~

私が関野吉晴さんに一番聞きたかったこと。
「なにがそれほど冒険に駆り立てるのか?」

「非日常を味わえること。
異文化に触れると、自分の文化が目からうろこのように理解できるから」

とおっしゃっていた。

そして、
人間には、どうでもいいことや馬鹿なことに夢中になる時期が必要たと思う
(関野吉晴談)

関野吉晴さんは小柄で若く見えますが
もう70歳で、グレートジャーニーを始めたころはすでに40半ばだったとか。
奥さんも同じお医者さんで、
「前から馬鹿だ馬鹿だと思ってたけど、
これほどバカだと思わなかった!」
とあきれ返られて冒険に送り出してくれたそうです。
う~んやっぱ奥さんの度量が半端ない

毎月最終土曜日に中崎町天人(あまんと)で開催されています

最後までお読みいただきありがとうございます。

メルマガ発信しています→mail@r.kotono-ha.comへ

kotonoha HPはコチラ

★今後のイベント★
就活の第一歩! 自己分析シートが書けるセミナー
6月15日(土)・7月6日(土)・8月8日(木)・9月7日(土)
いずれも午後1時~5時半
会場:神戸三宮
エントリーシートの添削アフターフォロー付き(内定取れるまで)
内定獲得者へのアンケートで、『就活前にやっておけばよかったこと』第一位は『自己分析』!!
すべてのエントリーシートはこの自己分析から始まります。
通年採用になるため、就活のスタートは早いほうがベストです★
1回生から参加歓迎!
申し込み・詳細はコチラ

カラータイプdeカフェ
6月27日(木)
午前10時半~12時半
会場:阪急王子公園 フリースペース風(ふう)
参加費:4000円(紅茶・スイーツ付き)
詳細・お申込みはコチラ

パーソナルカラーグループ診断会
7月20日(土)
午後1時~4時
会場:キッチンスペーススマイル(JR塚本駅すぐ)
定員:6名(残4名)
お申込み・詳細はコチラ













?Gg[???ubN}[N??