堺・大阪 
見た目が変わると結果が出る !
起業家・営業マン・経営者・婚活中の方・就活生・仕業の方・教育関係者

こんにちは。
文章とパーソナルカラーのスタイリスト、武田みはるです。

このところ毎晩テレビにかぶりつきでした
原因は、朝日放送開局60周年記念ドラマ「白い巨塔」。
用事や雑用仕事がいっぱいあるにも関わらず、
5夜連続で放送されるもんですからさっぱり仕事と用事が片付きません。
観なきゃいいのに、岡田准一くんの財前五郎観たさに
テレビの前が指定席になってました(笑)

白い巨塔2019HPより

50年も前に描かれた「白い巨塔」が今もなお話題になり、
主人公の財前五郎はヒール役にもかかわらず愛されています。
最終話で財前五郎がすい臓がんで亡くなるときも
病院中が悲しみ、撮影でもスタッフが涙したとか

なぜ彼は愛されるのか?
傲慢で野心家で、
トップに昇り詰めるためには手段を厭わない冷徹な天才外科医。
自分の過失を認めず、
立場を利用して部下にカルテの改ざんを要求するパワハラ上司そのもの。
自分のウデに絶対の自信があり、
ギラギラとした野心家。

彼の人間像を色で表すと、
目立ちたがりでエネルギッシュな「赤」
完璧主義、冷徹至極、孤高の「黒」が出てきます。
「赤」と「黒」のバリバリの決断タイプの教授なんて
部下からしたら怖くて反論できないカリスマ上司じゃないか!
ところが、彼はなぜか慕われる!?

敵対していた東教授も
医師としての考え方の違いから袂を分かった同期の里見先生も
最後には全力で彼の最期を看取る。。。

完璧に見えて、完璧でない。
外科技術に絶対の自信があると言いながら、
動揺を隠せず些細なミスをして愛人の前で弱音を吐く。
母子家庭で苦労して進学させてくれた母への変わらぬ愛情。
そんな人間臭いところがあるから、
財前五郎はヒール役になりきれず
愛されるのではないか!?

「白い巨塔」を観ながら
ひとは完璧を目指すけれど、どこか欠けているところに
魅力を感じるんだな~
とつくづく思ったのです。

すべての色を集めると白になりますが(光)、
どこか欠けるとその部分の色が見えてしまう。
時には決断の「赤」だったり、
甘え上手の「ピンク」だったり
現状保持の「茶色」だったり。。。

兎にも角にも、5夜連続の放送を観終わって
ようやく溜まった雑務に取り掛かっている月曜日です
観なきゃいいんですけどね(笑)

最後までお読みいただきありがとうございます。


ビジネスマンの見た目と気持ちを上げる貴方のパーソナル色スタイリスト


★今後のイベント★
就活の第一歩 自己分析シートが書けるセミナー
6月15日(土)・7月6日(土)・8月8日(木)・9月7日(土)
いずれも午後1時~5時半
会場:神戸三宮
申し込み・詳細はコチラ

カラータイプdeカフェ
6月27日(木)
午前10時半~12時半
会場:阪急王子公園 フリースペース風(ふう)
参加費:4000円(紅茶・スイーツ付き)
詳細・お申込みはコチラ

パーソナルカラーグループ診断会
7月20日(土)
午後1時~4時
会場:キッチンスペーススマイル(JR塚本駅すぐ)
定員:6名(残5名)
お申込み・詳細はコチラ





?Gg[???ubN}[N??