キャリアをどう活かす?~令和時代の幕開けに〜

こんにちは。文章スタイリストの武田みはるです。

令和になってはや4日。
時代の移り変わりを、穏やかに明るく感じることができるのは、
本当に幸せなことだと思います。

上皇陛下の退位と新天皇即位で、日本の皇室が注目される年ですが、
私が注目するのは、新皇后となられた雅子妃です。

雅子さまはわたしと同年代の雇均法1期生世代。
キャリアウーマン(懐かしい響き)の先駆けとして華々しく活躍されていた外交官から皇室へ。
婚約内定会見で「自分で決めたことですので、全く悔いはございません」と語っておられましたが、
そこに至るにはさぞかし多くの葛藤があったかと思います。
外交官としてキャリアを積んでいくハズだったのが、思いもかけないことに…

人生は思いもよらないことの繰り返し

雅子さまのキャリアとは比べものになりませんが、
私もずっと仕事を続けていくハズだったのが
結婚と出産によりその都度仕事が変わり、
リカレント教育を受けて数年後になぜか起業している。
起業なんて全く考えたことなかったのに。
自分でも不思議でならない。


生き方は人それぞれで、
いろんな価値観がある中で
こんな道もあるんだと
多様性を認めることが大切だと気づいたのです。
キャリアの活かし方は多様なんだと。

ご自身のキャリアを仕事でなく、皇室で活かすと決意された雅子さまに
同世代として応援しながら、
自分ももっともっと頑張っていかなきゃと
鼓舞させてもらってます。

雇均法1期生世代がんばれ!!(←自分に言ってる)
しなやかに、打たれ強く!!



?Gg[???ubN}[N??